*デュオ・ベティ―ズ結成*

フランス、カンブレ音楽院でジュリアン・プティの元共に学んだ二人のサクソフォニスト大西智氏と塙美里が「デュオ・ベティーズ」を結成。「ベティ―ズ」の由来はカンブレ地方の銘菓Bêtise de Cambraiから命名された。これからの活動にご期待下さい!

 

Duo Betises デュオ・ベティ―ズ

duo Betise
duo Betise

プロフィール


塙 美里 サクソフォニスト   Misato HANAWA Saxophonist

 

 

高度な技術を伴い、謙虚なひたむきさと情熱を持つ先進的なサクソフォニスト。

 

2007年前田記念奨学生奨学金を受け渡仏。2008年U.F.A.M国際音楽コンクール室内楽部門を審査員全員一致の第1位で優勝。(フランス)併せて審査員特別賞受賞。受賞記念リサイタルをパリ、モンパルナス教会にて開催。2011年パリ国際音楽コンクール第1位受賞。2010年第8回パドパ国際音楽コンクールヴィルトゥオーゾ部門ディプロム取得。(イタリア)2011年第3回スタンジェル国際音楽コンクール第3位受賞。(スロベニア)その他、海外の様々なコンクールで入賞。

 

 

フランス国立セルジー・ポントワーズ音楽院をサクソフォン科、室内楽科、共に最優秀の成績で卒業。カンブレ音楽院最高課程を審査員満場一致の称賛付きの一位で卒業。パリ13区モーリス・ラヴェル音楽院室内楽科で研鑽を積む。2010年にカンブレ音楽院教授ジュリアン・プティ氏の助手を務める。カンブレのジャーナリストにインタビューを受け地元の新聞やメディアに大きく取り上げられる。グラーヴ国際音楽アカデミーにて優秀者選抜コンサートに出演。

 

 

これまでにサクソフォンを須川展也、二宮和弘、原博巳、ジャン=イヴ・フルモー、ジュリアン・プティ、ベアトリス・レイベル女史の各氏に師事。室内楽を冨岡和男、大和田雅洋、マリリーズ・フルモー、ジュリアン・プティ、ベアトリス・レイベル女史、クリスチャン・ヴィルトゥ、の各氏に師事。その独特の煌びやかな音色と音楽性で国内外のアーティストとのコラボレーションにも定評がある。

 

 

2009年3月に水戸芸術館においてデビュー・リサイタルを開催し、大好評を得る。その様子を朝日新聞に記載された。現在4年半のフランス留学を終え2011年8月に日本に帰国した。 2012年1月に東京仙川アヴェニュー・ホールにおいて帰国リサイタルを開催しダニイル・トリフォノフ氏(2011年チャイコフスキー国際コンクール優勝、グランプリ受賞)による日本初演作品を発表、サクソフォン界に新たな風を吹き込んだ。 2012年3月には水戸芸術館において2度めのリサイタルを開催しフランス人作曲家ナルボーニ氏による日本初演作品を発表。今も尚、話題を呼び続けている。世界的ピアニストの酒井有彩、木米真理恵、カティア・ネミロヴィッチと共演を重ねている。謙虚なひたむきさと サクソフォニストの大西智氏とデュオ・ベティーズを結成。現在サクソフォン個人レッスン生募集中。

 

2014年4月にソロアルバムCDをリリース予定。

Profile