*デュオ・ベティ―ズ結成*

フランス、カンブレ音楽院でジュリアン・プティの元共に学んだ二人のサクソフォニスト大西智氏と塙美里が「デュオ・ベティーズ」を結成。「ベティ―ズ」の由来はカンブレ地方の銘菓Bêtise de Cambraiから命名された。これからの活動にご期待下さい!

 

Duo Betises デュオ・ベティ―ズ

duo Betise
duo Betise

Daniil Trifonovの今

[日時] 2012年4月23日(月)19時開演 サントリーホール ~リサイタル公演~
  7:00p.m. Monday, April 23 at Suntory Hall
   
  2012年4月27日(金)19時開演 サントリーホール ~オーケストラ公演~
  7:00p.m. Friday, April 27 at Suntory Hall
   
[出演] 第14回チャイコフスキー国際コンクール優勝者(ピアノ、ヴァイオリン、チェロ)
ⅩⅣInternational Tchaikovsky Competition Winners'
 ダニール・トリフォノフ Daniil Trifonov 【グランプリ、ピアノ部門第1位、聴衆賞】
 セルゲイ・ドガージン Sergey Dogadin 【ヴァイオリン部門最高位(1位なし)、聴衆賞】
 ナレク・アフナジャリャン Narek Hakhnazaryan 【チェロ部門第1位、聴衆賞】

アンドレイ・ヤコヴレフ Andrey Yakovlev (指揮 / Conductor) 【4/27出演】
モスクワ交響楽団 The Moscow Symphony Orchestra 【4/27出演】
   
   
[主催] ジャパン・アーツ
[後援]

ロシア連邦大使館

 

2012年4月23日(月)19時開演 サントリーホール

【セルゲイ・ドガージン (ヴァイオリン) & ダニール・トリフォノフ (ピアノ) 】
Sergei Dogadin (Violin) & Daniil Trifonov (Piano)
チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  1.メロディ 変ホ長調  2.瞑想曲 ニ短調
Tchaikovsky: Souvenir d' un lieu cher, Op. 42 I.. Melodie II.. Meditation

チャイコフスキー:ワルツ・スケルツォ Op.34
Tchaikovsky: Waltz-Scherzo Oop.34

【ナレク・アフナジャリャン (チェロ) & ダニール・トリフォノフ (ピアノ) 】
Narek Hakhnazaryan (Cello) & Daniil Trifonov (Piano)
シューマン:幻想小曲集 Op.73
Schumann: Fantasiestucke Op.73

ラフマニノフ:ヴォカリーズ Op.34
Rachmaninov: Vocalise Op.34

パガニーニ: ロッシーニのオペラ「モーゼ」の主題による変奏曲
Paganini: Variation on Theme from Rossini's "Moses"

- - - - - - - - - - -

【ダニール・トリフォノフ (ピアノ) 】
Daniil Trifonov (Piano)

ドビュッシー:「映像」第一集 (全曲)
Debussy: Images, Book 1

ショパン:12の練習曲 Op.10
Chopin: 12 Etudes Op.10



~オーケストラ公演~
2012年4月27日(金) 19時開演 サントリーホール
モーツァルト: ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調 K.216 (セルゲイ・ドガージン(Vn))
Mozart: Violin Concerto No.3 in G major, K.216 <Dogadin(Vn)>

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 Op.104 <ナレク・アフナジャリャン(Vc)>
Dvořák: Cello Concerto in B minor Op.104 <Hakhnazaryan(Vc)>

- - - - - - - - - - -

ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11 <ダニール・トリフォノフ(Pf)>
Chopin: Piano Concert No.1 E minor Op.11 <Trifonov(Pf)>


 

明日はオーケストラとのコンチェルト公演を控えているがソロ&デュオリサイタルを聴いての感想を書きます。

なかなか言葉にするのは本当に難しく、もし言葉にしていまったらそれはそれで勿体無い気がして・・・でも伝えたい思いで書きます。

チャイコフスキーをドガーシンと奏で始めた時から既にトリフォノフワールド。

勿論ドガーシン、素晴らしいのですがトリフォノフがあのショパンコンクールで使用したファツィオリそのものを弾き、会場にいる誰もがその音色に心を奪われたに違いない。

いかにも高級な雫がこぼれ落ちるその音は時に甘く、切なく、何度も溜息がこぼれました。トリフォノフのタッチは特に指の腹を使って弾くいかにもなでるように。実際もの凄く基礎技術が無いと出来ないのですが(なぜなら支えがないから)、それはサクソフォンの息遣いでも同じような事なのです。ドビュッシーがどうの、ショパンがどうの、とかでは無い。全てトリフォノフ作曲になってしまって初めて聴いた曲にしか思えない程。

 

昨年の今頃、ルービンシュタイン後、イタリアのフェラーラに一人トリフォノフのコンサートを聴きに出かけて行った事を思い出す。その時から明らかに目の前の青年は進化していた。

 

このコンサートは感動しただの凄かっただの、そういう言葉でかたずけれるものでは無い気がした。聴いた後魂が抜けた。とでも言えば良いのか?

はっきり言って翌日の頭痛は半端無かったし、ぼーっとすれば気がつくとトリフォノフの音楽が登場して抜けてくれない。幻覚を見そうな勢いで。

どこに、そしてどこまで飛んで行くのか興味があるけれど、なんだか恐ろしい。

この青年21歳にしてこの空気感・・・。

大丈夫かな?

 

聴いているわたしたちは幸せすぎて怖い。そんな気もするから。

 

コンサート後の私の足取りはとても軽く駆け足で自宅に走って帰った。

ただひたすら走りたい気持ちでいっぱいだった。

 

日本滞在中沢山、好きなお寿司を食べて下さい。

さて、こちらも明日も体力消耗覚悟でサントリーホールへ向かうしか無い。

 

 

 

イギリスの公演後
イギリスの公演後