*デュオ・ベティ―ズ結成*

フランス、カンブレ音楽院でジュリアン・プティの元共に学んだ二人のサクソフォニスト大西智氏と塙美里が「デュオ・ベティーズ」を結成。「ベティ―ズ」の由来はカンブレ地方の銘菓Bêtise de Cambraiから命名された。これからの活動にご期待下さい!

 

Duo Betises デュオ・ベティ―ズ

duo Betise
duo Betise

木米真理恵さんのこと

今回お願いさせて頂いた木米真理恵さんは、現在ポーランドのワルシャワ音楽院に在学中の若き才能溢れるピアニストさんです。

高校を卒業された後すぐにワルシャワに渡り4年間の留学生活を送られています。

 

昔から彼女のブログを覗いていたので勝手に知った気になっていましたが、ブログではとても可愛い女の子キャラクターですが実際お会いしてみると勿論当然可愛いのですがそれ以上にしっかり者屋さんで頑張り屋さんで、意思が強く、私はすっかりお気に入りのピアニストちゃんになってしまったのでした。

合わせの回数も少ない中、わざわざ合わせをする為に大阪の伊丹の自衛隊まで弾きに来てくれました。水戸に来る時はスーパーひたちの思わぬハプニングに見舞われ・・・笑

(荷物棚にドレスと楽譜を置き忘れてしまい、お母様が、いわきまでの旅へ~)

真理恵さんの存在が私たちにとってどんなに大きかったかは言い表す事が出来ません。

今回、後半の一曲目に(毎回リサイタルをする時にはピアニストの方に一曲だけソロを弾いて頂いております。)弾いて頂いた「愛の喜び」は私たちがこのリサイタルで婚約発表をする事とは関係なく選曲されたと思うのですが偶然タイミングが良かったです。

「愛の喜び」はお客様の反応もかなりの盛り上がりで、アンケートには思わず笑ってしまうような微笑ましいコメントも。

私達3人ともお世話になっております、カメラマンの井村さんも東京から駆けつけて下さいました。

本当にありがとうございます。

 

真理恵ちゃんからはポーランドのお土産にポーランド食器を頂きました。

手作りのその器からは温かいポーランドの風情が感じられます。

彼女の「お二人で遣って下さい」とのお言葉にじんわりしました。

 

 

 

ピアニスト 木米真理恵さん

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    井村重人 (土曜日, 31 3月 2012 11:49)

    素晴らしいコンサートでした!
    色々な新しい趣向で観客を飽きさせない、みごとな演出と相まって、3人の豊かな音楽性を、心ゆくまで堪能させていただきました。

    ただ、残念だったのは、、、、、、
    偕楽園の梅が全然咲いてなかったこと!?(涙)